本文へスキップ

パソコンスクールシースリー五反田教室は、マンツーマンでパソコンスキルアップをサポート!短時間で効率良く学習できるパソコンスクールです。

総合受付 03-5449-8333

東京都品川区東五反田1-10-7アイオス五反田402

トップページ  > シースリーWebスクール > 特集

    パソコン豆知識

特集:パソコン豆知識


コラム:ウィンドウズ10パソコンの動作を快適にする方法 

2016年9月8日



 ウィンドウズ10への無償アップグレード最終日から1ヶ月が過ぎましたが、ウィンドウズ7やウィンドウズ8.1からウィンドウズ10へアップグレードした方も多いと思います。快適に動作している方も多いと思いますが、逆にパソコンの動作が変わらない、もしくは、遅くなったという方もいます。今回のトピックスでは、ウィンドウズ10パソコンにおける動作を快適にするための方法をご紹介します。

 ウィンドウズのパソコンは日々使い続けると、システムドライブに下記のような必要のないファイルがたまっていきます。
・ごみ箱に入れたファイル
・エラーの記録ファイル
・縮小表示用の一時ファイル
・過去のウィンドウズアップデート
・OSが利用するファイル
上記の必要のないファイルを削除するには、「ディスククリーンアップ機能」を使用します。時間がかかる作業のため、仕事でパソコンを使用しない時間帯に行うことをおすすめします。

操作方法は、下記の通りです。
(1) デスクトップ画面左下の検索ボックスに「クリーン」と入力します。
(2) 「ディスククリーンアップ」と表示されますので、クリックします。
(3) 「ディスククリーンアップ」ウィンドウが表示されるので、タイトルバーでCドライブが対象になっていることを確認します。
(4) 「システムファイルのクリーンアップ」ボタンをクリックします。
(5) 削除するファイルの種類を選択する画面が表示されるので、削除したいファイルを選択します。
(6) 「OK」ボタンをクリックします。
(7) 「これらのファイルを完全に削除しますか?」のウィンドウが表示されたら「ファイルの削除」ボタンをクリックします。
(8) クリーンアップが実行されます。削除するファイルが大きいと時間がかかりますので、ACアダプターを接続して行ってください。

上記の方法で、ハードディスクの空き容量を増やすことができますので、ハードディスクの空きが少なくなっている場合にも助かります。

ディスククリーンアップ機能以外の方法としては。「デフラグ」という方法があります。ファイルの読み書きを繰り返すとファイルデータがハードディスクのドライブ内に分散して保存されるため、読み出しに時間がかかるようになります。この症状を解消するのが「デフラグ」です。パソコンの電源をONにした後の起動時間、ソフトウェア起動時間が遅くなったと感じる場合には、デフラグを試してみましょう。
ただし、保存ドライブがHD(磁気的なハードディスク)ではなくSSD(半導体素子を用いたディスクドライブ)の場合は、デフラグをしないほうが良い場合もありますので注意が必要です。

デフラグの操作方法は、下記の通りです。
(1) デスクトップ画面左下の検索ボックスに「デフラグ」を入力して検索します。
(2)「ドライブのデフラグと最適化」が表示されるのでクリックします。
(3)「ドライブの最適化」ウィンドウが表示されるので、ドライブを指定して、
「最適化」ボタンをクリックします。
(4)終了するまでしばらくお待ちください。ハードディスクの容量により時間が変わります。時間がかかる作業のため、パソコンを使用しない時間帯での操作をおすすめします。

上記の2つの方法で、パソコン動作が少し快適になりますが、パソコン本来の性能を
上げることも重要となります。一番早い方法としては、メモリの増設です。お使いの
パソコンの搭載可能メモリを調べ、増設が可能な場合には、メモリを4GB、もしくは
8GBにしてみましょう。OS起動時間、ソフトウェア起動時間、ファイルを開くスピ
ードも速くなり、業務効率もアップします。
Windows10が「32ビット版」バージョンの場合は、利用可能なメモリの最大容量は約4GBという制限がありますので、それ以上増設しても効果がありません。
「64ビット版」の場合には、Homeで128GB、Proで2TBが上限となりますので、使用中の機種に合わせて、メモリ増設をご検討ください。

そして、ハードディスクの空き容量にもご注意ください。デスクトップ画面の左下の
「エクスプローラー」アイコンから「PC」をクリックすると、CドライブやDドラ
イブの空き容量を確認できます。この空き容量が少なくなると赤いバーで表示されま
す。ハードディスクの空き容量が少なくなると、動作が遅くなる原因にもなりますの
で、あまり使用しないファイルや写真、動画データは、外付けのハードディスクや
USBメモリ、クラウド上にアップロードして、パソコン内のデータを少なくしまし
ょう。

パソコンは仕事で毎日使用するものですので、快適な動作環境にするために上記方法
を活用していきましょう。





バナースペース

パソコンスクールシースリー
五反田教室
(株式会社シースリー)

〒141-0022
東京都品川区東五反田1-10-7
アイオス五反田ビル402

TEL 03-5449-8333
  (五反田教室)
  
  090-9138-2111
  (中嶋講師)

FAX 03-5449-2333